妊娠しているだけでも大変なのに、腰痛も重なって歩けない。

妊婦さんは、何かと大変なことが多いですね。

赤ちゃんがお腹にいるわけですから、腰に負担がかかり腰痛になってしまうのは仕方がない面があります。

ですが、仕方がないと片付けられない問題ですから、なんとか対処したいですよね。

そこで、腰痛のために歩けないほどつらい思いをしている妊婦さんのために、効果的な対処法をお伝えしましょう。

スポンサーリンク


骨盤の緩みに対処する


妊娠中に腰が痛くなるのは、姿勢の変化だけが原因ではなく、ホルモンの影響も多いと言われています。

妊娠中はリラキシンというホルモンが分泌されるのですが、その働きによって骨盤周辺の筋肉や靱帯は緩くなっていきます。

これ自体は、出産のときに骨盤が広がり、赤ちゃんが無事に産道を通れるようにするための準備ですから大切なことなのですが、緩み方がいびつだと歩けないほどの腰痛になってしまいます。

これに対処するには、まずは骨盤ベルトを使うのが効果的でしょう。お腹の下に巻くことで、骨盤をはじめ腰全体をサポートしてくれますから、痛みはやわらいできます。

また、適度な運動も効果的ですから、痛みが軽いときにはストレッチマタニティヨガなどを取り入れることも検討してみてください。

腰痛で妊婦さんが歩けないときは、こう対処してください

坐骨神経痛の可能性も?


どうしても痛みが取れない場合は、単なる腰痛ではなく、坐骨神経痛の可能性も考えられます。

見極めるポイントは、どこが痛いのか?ということ。もし、次に挙げる部位が痛いようであれば、坐骨神経痛かも知れません。

  • 腰からお尻にかけて
  • 腰というよりは骨盤のあたり
  • お尻から太ももの裏にかけて

スポンサーリンク


普通の腰痛であれば、ズバリ腰が痛くなるのですが、上記のように腰から下の部分にかけて痛むようなら坐骨神経痛の可能性が高いでしょう。

ただ、坐骨神経痛の場合、残念ながら根本的な解消法はないと言われています。

とはいえ、最初にご紹介した骨盤ベルトや適度な運動も、ある程度の効果はありますから、少しずつ行なってみてください。

それでも痛みが取れないようなら、無理をせず安静にしておくことも大切です。

そもそも、腰痛や坐骨神経痛になってしまうのは、骨盤周りに負担がかかるからですので、どうしてもつらいときには身体を休ませるようにしましょう。

また、妊娠中は基本的に横向きで寝ることになると思いますが、その際に、痛みがある方を上にしてみてください。

これだけでも、ある程度は痛みを緩和させられるはずです。



終わりに


妊婦さんが腰痛で歩けないほどつらいときのための対処法を、いくつかご紹介しました。

なかなか即効性があるものを見つけることは難しいのですが、それぞれに痛みをやわらげる効果はありますので、やりやすいものから試してみてください。

妊娠中は、ある程度痛みと付き合わなくては仕方ない面もあります。ですが、少しでも緩和できれば過ごしやすくなるはずです。

心身ともに健やかな毎日を過ごせるように工夫してみてください。






スポンサーリンク