「小顔にはなりたいけど、エラが張っているのは骨格の問題だから仕方がない・・・」と思っている方は多いと思います。

たしかに、エラが張っているのは骨格の問題が大きいのですが、だからと言って、それだけが全てとは限らないんです。

意外と多いのが、咬筋(こうきん)と呼ばれる筋肉が凝ってしまっていること。

文字通り、噛むときに働く筋肉ですが、これが張ってしまうことで実際の骨格よりも大きく見えてしまっている人は多いものです。

そこで、この筋肉コリをほぐし、エラの矯正に効果的な小顔マッサージをご紹介していきましょう。

スポンサーリンク


エラの張りを改善する小顔マッサージ


まずは5分ほどで手軽に行えるマッサージです。

  1. アゴの関節に指を当てる
  2. 耳に向かって円を描くように押しながらマッサージする
  3. これを20回繰り返す
  4. アゴの関節に指を置いたまま、口を大きく開ける
  5. 「アエイウエオアオ」を3回と大きな声を出す
  6. 顎関節に手の平をあて、密着させたまま耳の後ろまでさすりあげる
  7. これを10回繰り返す。



実際にやってみると、エラの張りがほぐれていくことを実感できると思います。

リンパをケアしてエラを矯正する方法


続いては、やさしく撫でるだけでエラが気にならなくなるという方法です。

  1. こめかみからエラに向かって両手で4回なでおろす
  2. 同様に頬骨からエラへ向かって
  3. 同様に口元からエラへ向かって
  4. 同様にアゴからエラへ向かって
  5. エラから鎖骨へ
  6. 上記を合計3回繰り返す
  7. 反対側も同様に行う



動画の中でも解説してくれていますが、力を入れ過ぎないように注意することが大切です。

どうしても力が入ってしまう場合は、お化粧のブラシなどを使って行うようにしましょう。

スポンサーリンク


エラをすっきりさせる簡単リンパマッサージ


最後にもう一つ、リンパのマッサージをご紹介しておきます。

  1. 両手で拳をつくり、歯を噛みしめると硬くなる場所をほぐす
  2. 少しずつ上へずらしながら、4ヶ所ほどほぐしていく
  3. 口を閉じたまま「い~」と発音したときに盛り上がる場所を同様にほぐす
  4. 力加減はイタ気持ちいくらいにする
  5. 両手の親指以外の4本の指を使って、耳の横から鎖骨まで3回さすりおろす



ほぐす場所は動画を参考にしてみてくださいね。

小顔のしくみ [ 南雅子 ]

小顔のしくみ [ 南雅子 ]
価格:1,028円(税込、送料込)


終わりに


エラの矯正に効果的な小顔マッサージを3つご紹介しました。

エラというと、骨格の問題だと思ってあきらめてしまいがちですが、筋肉リンパをほぐしてあげると矯正できる場合も少なくありません。

実際に、ここでご紹介したマッサージをやってみると、エラのラインがスッキリしてくることを実感できると思いますので、ぜひ続けてみてください。

しばらくすると、ご自身の変化に気がつくときがきますよ。

スポンサーリンク