指先がしびれるという症状は、比較的多くの方が経験するものです。

特定の指がしびれるということもあれば、両手の指が全体的にしびれるという場合もあると思いますが、この原因は様々なものが考えられます。

ときには重篤な病気が関係しているケースもあるので、安易な判断は避けておいたほうが良いでしょう。

とはいえ、自分でもある程度は原因を予測しておきたいこともあると思いますので、両手の指がしびれる場合の代表的な原因と、簡単な対処法をご紹介していきましょう。

スポンサーリンク


血行不良で指先がしびれるケース


一般的によく見られるのが『血行不良』のために指先がしびれるというものです。

正座をしたら足がしびれるのと同じように、例えば机の上でうたた寝をして手を圧迫していたら指先がしびれていたという経験は、多くの方にあるでしょう。

もちろん、これが一時的なもので、理由もハッキリわかっているのなら特に問題はありません。

ですが、うたた寝をしたときのように手を圧迫したわけでもなく、また割と長期間にわたって両手の指先がしびれている状態が続いているようなら注意が必要です。

最悪の場合は、脳梗塞脳出血などの恐れもありますので、気になるときにはすぐに病院で診てもらいましょう。

そこまでではなくとも、動脈硬化など血管に異常があるために血行不良が起きるケースもありますので、いずれにしても注意は必要です。

指先がしびれる!両手にしびれがある場合の原因と対策

神経の圧迫で指先がしびれるケース


頚椎症手根管症候群、あるいは肘部管症候群などで神経が圧迫されて指先がしびれることもあります。

頚椎症は、首の骨が何らかの理由で変形し、そこを走っている神経を圧迫するというものですね。

手根管症候群は、手首にある手根管を走っている神経を圧迫するもので、肘部管症候群は肘にある肘部管を走っている神経を圧迫します。

いずれも神経を圧迫して指先がしびれるということは共通していますが、しびれる指には違いがあります。

頚椎症のときにはすべての指がしびれることが多く、手根管症候群は親指と人差し指、中指、そして薬指の中指側が、肘部管症候群の場合は薬指の小指側と小指が、それぞれしびれます。

どちらの手に症状が出るかは特に決まっていませんので、両手の指先がしびれる可能性はそれぞれに考えられます。

スポンサーリンク


簡単にできる対策は?


両手の指先がしびれる場合の代表的な原因をご紹介してきましたが、この内、神経が圧迫される頚椎症や手根管症候群、肘部管症候群に関しては、安静にしておくことくらいしか自分で対処する方法はありません。

ですから、異常を感じたらできるだけ早く病院で診察を受けるようにしてください。

必要な検査を通じて適切な処置を施してくれますから、それに頼るのがベストな方法だといえます。

一方、血行不良が原因の場合は、ある程度までは自分でできる対策もあります。

血行不良で指先がしびれているときは、冷えを伴っていることも多いので、まずはしっかりと温めてあげるようにしましょう。

お風呂にゆっくり浸かるのも効果的ですし、両手を洗面器のお湯につけるだけでも、ずいぶん楽になるはずです。

冬場であれば、手袋や使い捨てカイロなどを利用してみるのもいいでしょう。

また、血行を良くするには、適度な運動も効果的です。

じゃんけんのグーとパーを繰り返すように、指を握ったり開いたりしているだけでも結構は改善されていきますよ。

タバコを吸う人であれば禁煙も効果的です。タバコは血行に悪影響を及ぼすことがわかっていますので、できればやめるほうが良いでしょう。

規則正しい生活をして十分な睡眠をとることも大切です。

睡眠不足などで身体に活力がなくなっていれば、血行にも悪影響が現れますから、生活習慣の改善もしていきましょう。


終わりに


両手の指先がしびれる場合の代表的な原因と簡単な対処法についてお話してきました。

血行不良に関しては、ある程度自分でも対処できますが、重篤な病気が隠れている場合は、もちろんこの限りではありません。

やはり病院で正確な診断をしてもらうことが大切ですので、慌てて判断をせず、異常を感じたらできるだけ早く医師の指示を仰ぐようにしましょう。

スポンサーリンク