「妊娠後期に入って、動悸がひどくなってきた気がするけど、これって大丈夫?」

と不安になっている妊婦さんも多いことでしょう。

実際、妊娠後期から臨月にかけて、それまで感じたことのなかった動悸でつらい思いをされている方は、たくさんいらっしゃるものなのです。

その意味では、“多くの人が通る道”とも言えるのですが、つらい症状であることは確かですし、特に初めての妊娠だという方は心配でもあるでしょう。

そこで、なぜ妊娠後期になると妊婦さんの動悸が激しくなるのか?その原因と対策方法について、順にご紹介していきましょう。

スポンサーリンク


なぜ動悸がひどくなるの?


妊娠後期ということは、赤ちゃんがお腹の中でずいぶん大きくなってきているということですよね。

すると、赤ちゃんがいる子宮が他の臓器を押し上げるようになってくるんです。

特に影響が大きいのは肺や心臓です。

肺が圧迫されると、どうしても呼吸がしにくくなりますし、母体と赤ちゃんに十分な血液を循環させるためには心臓もフル稼働します。

圧迫された状態でフル稼働すると負担も大きくなりますから、それが動悸や息切れなどの症状として現れてきてしまうんですね。

しかも、成長とともに赤ちゃんに送る血液の量も増えてきますから、妊婦さん自身は貧血状態になりやすいということも重なります。

この貧血も、動悸や息切れの原因になりますし、めまいや立ちくらみなどを起こすこともあります。

また、妊娠中には“プロゲステロン”というホルモンが増加します。

これ自体は妊娠の状態を正常に保つために必要なものなのですが、同時に呼吸中枢を刺激する性質も持っているため、動悸や息切れの症状を起こすこともあります。

ですから、妊婦さんの動悸がひどくなる原因は、赤ちゃんが成長してきたことと直結しているということになるんですね。

妊婦の動悸~妊娠後期に見られる症状と対策

不安感が動悸をひどくする場合も


妊婦さんは、ただでさえお腹に赤ちゃんがいてナイーブになっていますから、そこで動悸がひどくなると、どうしても不安を感じやすいものです。

これは、やむを得ないことでもあるでしょう。

ですが、不安感が強くなりすぎると、それがまた動悸の原因にもなってしまいます。

こうなると悪循環の繰り返しですから、どこかで断ち切らないといけませんね。

それには、リラックスすることが必要です。

そこで、リラックス法も含めて、妊娠中の動悸を軽くするための対策をご紹介しましょう。

妊婦さんの動悸を軽くするための対策


まずは、何はともあれ休むことを心がけてください。

赤ちゃんが大きくなってきたことで、お母さんの身体にも大きな負担がかかっていますから、ここで無理をするのは禁物。

横になれるのなら、その場で横になりましょう。

このとき、左側を下にすると心臓への負担が軽くなるので、動悸がおさまりやすくなりますよ。

ただ、外出しているときには横になれませんから、まずは腰を下ろしましょう。

できれば、クッションを背中に当てて座ると、より落ち着きます。

また、動悸が起こりにくいように、ゆっくりした動作を心がけることも大切です。

常に落ち着いて行動するようにしましょう。

お風呂にゆっくり浸かることも効果的ですから、なるべく身体が楽になる時間を増やすようにしてください。

スポンサーリンク


どうしても動悸が治まらないときは病院へ


横になったり、休んだりしても動悸が楽にならないようであれば、なるべく早く病院で相談してみましょう。

まれに病院で処方されている薬が影響しているというケースもあります。

何よりも、母子ともに安全を確保することが大切ですから、不安が残るようであれば、お医者さんに相談してみてください。

終わりに


妊娠後期になると妊婦さんの動悸が激しくなる原因と対策についてお話してきました。

基本的には、妊婦さんの動悸は赤ちゃんの成長に伴うものですので、特別心配なものではありません。

ただ、症状としては不快なものですから、まずは休むことを心がけてください。

健やかなマタニティライフを過ごせるように、工夫してみてくださいね。

スポンサーリンク