メス犬にとって発情期は、とても重要なものです。

というのも、発情期とは繁殖行為ができる期間のこと、つまりこの時期でないと妊娠できないわけですから、動物にとっては種族保存がかかった大切なものなのです。

もちろん、発情期になると様々な変化があらわれてきます。

メス犬にとって、もっとも大きな変化は生理を迎えることですね。

ちなみに、生理はヒートと呼ばれることもあります。

これは妊娠可能になったという身体からのサインでもあり、同時に発情期が始まるという印でもありますから、飼い主さんとしてはよく知っておくことが必要でしょう。

そこで、メス犬が発情期になり生理を迎えるのはいつ頃なのか、またそれにどう対処したらいいのかなどを詳しくお話していきましょう。

スポンサーリンク


メス犬の生理が始まる時期と周期


一般に、メス犬の生理が始まるのは、概ね生後6ヶ月から10ヶ月くらいだと言われています。

ただし、個体差がありますので、早ければ生後4ヶ月で始まることもあれば、1年を過ぎるというケースもあるようです。

小型犬の方が成熟が早く、大型犬になるほど遅いとも言われていますから、これも参考にしておくと良いでしょう。

最初の生理を迎えると、その後も周期的に訪れるのですが、小型犬の場合で年に2~3回大型犬では年に1~2回というサイクルが平均とされています。

つまり、おおよそ5~10ヶ月くらいの周期で繰り返すということですね。

犬の発情期~メス犬が生理(ヒート)を迎えたら

メス犬の発情期は大きく3つに分けられる


一口に発情期と言っても、その状況によって次の3つに分類することができます。

  1. 妊娠の準備期間である発情前期
  2. 妊娠可能な発情期
  3. 卵子が受精能力をなくす発情後期

発情前期になると出血が始まり、これが7~10日ほど続きます。

その後、本当に妊娠可能な発情期に入るのですが、このときには出血が減り排卵が起こります。

この間にオス犬が近くにいれば受け入れてしまいますので、妊娠を望まない場合には十分な注意が必要です。

そして、排卵後5日を過ぎると卵子は受精能力をなくして発情後期となるのです。

出血への対策は?


生理中の出血は身体の大きさにかかわらず多いものですし、見た目にも衛生的にも良いものではありません。

犬用の生理用品オムツもありますから、それらを試してみるというのも一つの方法でしょう。

ただ、身体にフィットしない場合は犬が嫌がりますので、そのときに無理につけさせない方が良いでしょう。

無理やり使わせると犬にとってもストレスになりますから、その場合には飼い主さんがこまめに拭いてあげるなどの工夫をしてみてください。

スポンサーリンク


発情期の注意点


妊娠を望まないのであれば、できるだけオス犬を近づけないことが大切です。

この時期には、散歩も控えておくほうが良いでしょう。

また、発情期にはオス犬を求めて脱走することもありますから、戸締まりなどにも注意が必要です。

さらに、フェロモンの匂いを嗅ぎつけて、オス犬が家に入ってくるというケースもありますから、特に注意しておきましょう。

子どもを産ませる予定がないのであれば、早目に避妊手術を行うことも選択肢の一つです。

発情や生理を繰り返すことは身体にも負担がかかりますので、愛犬の健康のためにも検討してみると良いでしょう。


終わりに


メス犬が発情期になり生理を迎える時期と対処法などについてお話してきました。

発情期を迎えることは自然な成長過程の一つではありますが、飼い主さんにとっては何かと頭の痛い問題でもあります。

とは言え、何らかの対処をしてあげることは必要ですので、まずは基礎的なことを知っておいて対策を考えていきましょう。

子どもを産ませるのか、それとも避妊手術をするのか、これは判断に悩むところだと思いますが、一時的な感情ではなく、愛犬と長く暮らしていくことを基準にして結論を出してあげてください。

スポンサーリンク