高速道路で合流するときに、どちら側のウィンカーを出せばいいのかで迷う人がいます。

「加速レーンから見て本線は右側の車線なんだから右側のウィンカーを出すのが正解でしょ」

「いやいや本線に合流するときは自分から見て左折なんだから左側のウィンカーでしょ」

と、それぞれの主張があるようなのですが、果たしてどちらが正解でしょうか?

今回はその答えと、なぜそうなるのかという考え方について詳しくお話していきましょう。

スポンサーリンク


高速道路の合流では右ウィンカーが正解


まず答えを言うと、高速道路の合流では右側のウィンカーを出すようにしましょう。

というのも、本線を走っている車の立場から考えてみてください。

加速レーンで自分の少し前を走っている車が左側のウィンカーを出していたとしたら、どう見えるでしょう?

「この車、本当に合流しようとしているの?」という風に思うのではないでしょうか。

あるいは、左側だとウィンカーを出していることにも気がつかない場合があるかもしれませんね。

「合流しようとしている」という意志を、本線を走っている車に明示するためには、右側のウィンカーを出すべきなのです。

それを見て、合流しやすいように譲ってくれるドライバーさんもいることでしょう。

でも左側のウィンカーでは、他のドライバーさんが迷ってしまうだけです。

高速道路での合流で右ウィンカーを出す。これをしっかりと覚えておいてください。

高速道路での合流~ウィンカーはどっちに出すのが正解?

でも自分から見たら左折なのに・・・


確かに、加速レーンから本線に合流するというのは、自分にとっては左折するのと似ています。

ですから、左側のウィンカーを出したくなるのも無理はないのかもしれませんね。

もし、これが一般道であれば、実際に車としては左に曲がるわけですから、左側のウィンカーを出すのが正解です。

これは、いわゆるT字路のような場合ですね。

大きな道があって、そこに細い道から合流するというような場合、右側のウィンカーを出したら、そこを右折するという意味になってしまいますね。

この場合は迷わずに左側のウィンカーを出しましょう。

スポンサーリンク


高速道路と一般道の違い


似たような走り方をするのに、高速道路なら右側のウィンカーで、一般道なら左側のウィンカーを出すというのは釈然としない人もいらっしゃるかもしれません。

ですが、これには明確な違いがあります。

まず、高速道路はその構造上、『右折するということがあり得ない』という大前提があります。

右折するということは車線を逆行して走るということですから、これは絶対にないわけです。

そこで、高速道路での右ウィンカーは、車線変更の意味のみで使われるということになります。

本線への合流も車線変更の一種ですから、この場合は右側のウィンカーが正解となるのです。

それに対して一般道では、右折できる場合もあり得ます。(もちろん中には右折禁止の道路などもありますが)

ですから、T字路のようなところで合流する場合には左側のウィンカーを出すことになるわけです。

似ているように思えてもハッキリとした違いがありますので、迷わないよう確認しておいてください。


終わりに


高速道路で本線に合流するときに、どちら側のウィンカーを出せばいいのかについてお話してきました。

高速道路では右折があり得ませんので、合流するときは右側のウィンカーを出すというのが正解です。

一般道とは仕組みが違いますので、混同してしまわないよう、しっかりと覚えておいてください。

加速レーンから本線への合流は、右側の車線に合流するという意味になりますので右側のウィンカーを出すのですが、本線の中で左車線に変更する場合は、もちろん左側のウィンカーを出します。

当然のことではありますが、念のため確認しておいてください。

スポンサーリンク