産後、急にお義母さんのことをうざいと感じるようになり、戸惑っているという方も多いのではないでしょうか?

それまでは、うざいなんて思ったこともなく、どちらかと言えば関係も良好で仲も良かったのに、急にお義母さんの態度や行動が鼻につくようになるということは、意外とあるものです。

というのも、産後は女性の身体に様々な変化が押し寄せる時期で、その変化は心理面にも及んでしまうのです。

ですから、それまで平気だったことが急に気になってしまうこと自体は大きな問題ではありません。

ただ、そのときの感情に流されてお義母さんにひどい態度をとってしまうと、その後の関係に影響することもあります。

そうならないよう、産後にどのような変化が起きているのか、またその時期をどう過ごしていけば良いのかということをお話していきましょう。

スポンサーリンク


産後に目覚める母親としての本能


母親が子供を守ろうとするのは、多くの動物に見られる本能の一つです。

そして、その動物的な本能は、人間も持ち合わせているものなのです。

もし、生まれたばかりの子供を引き離されそうになったら、母親は必死で抵抗しますよね。

それと似たようなことが、あなたの中でも起こっていると考えてください。

もちろん、誰かがあなたの赤ちゃんを奪おうとしているわけではないのですが、母親としての本能に支配されていると、誰かが赤ちゃんに触れようとしただけでも過剰反応してしまうことがあります。

特に、子育ての経験がある実母や義母が赤ちゃんの世話を焼こうとすると、「赤ちゃんを取られてしまう」という錯覚を起こしやすいんですね。

これが、産後にお義母さんのことをうざいと感じてしまう大きな理由の一つです。

産後に義母をうざいと感じる~それは母親としての本能です

お義母さんは親切で世話を焼いてくれている


あなたにとっては、お義母さんは母親としての先輩に当たる人ですよね。

当然、あなたよりもいろんな経験を積んでいます。

そして、産後すぐのあなたは、まだ身体も本調子には戻っていないですし、赤ちゃんの世話をするためにてんてこ舞いすることになります。

そんなことも、お義母さんはすべてわかっているわけです。

ですから、優しいお義母さんであればあるほど、あなたを助けるために赤ちゃんの世話を手伝おうとしてくれるんですね。

ところが、あなたが母親としての本能に支配されていると、お義母さんの親切を非常に迷惑だと感じてしまいます。

ここで行き違いが起きてしまうわけです。

お義母さんは、決してあなたの赤ちゃんを奪おうとしているわけではありません。

むしろ、あなたへの優しさで世話を焼こうとしてくれていますので、そのことを勘違いしないようにしましょう。

スポンサーリンク


冷静になることが大切


産後、あなたが母親としての本能に支配されている期間は、そんなに長くはありません。

個人差もありますが、数週間から数ヶ月くらいで治まってしまうでしょう。

ですが、その間に、あなたがお義母さんの親切に感情的な反応をしてしまうと、後々の関係に影響することもあります。

「せっかく助けてあげようと思っているのに、態度の悪い嫁ね」なんて思われてしまうと、それがキッカケで嫁いびりのようなことが始まるケースもあります。

お義母さん都の関係がギクシャクしだすと、夫婦間にも悪影響があらわれることもありますから、十分に注意しましょう。

お義母さんのことをうざいと感じることがあっても、「これは一時的なもの」と自分を落ち着ける冷静さを持つようにしてください。



終わりに


産後にお義母さんのことをうざいと感じてしまうことは、母親としての本能に支配されているときにはよくあるものです。

赤ちゃんを産んだ直後で、いろんなことに過敏になっている時期ですから、あまりそのときの感情に流されないようにしましょう。

その期間を上手に乗り越えると、お義母さんとの関係がより親密になることも多いですから、うざいという気持ちに負けず、冷静に対処してくださいね。

スポンサーリンク