元彼から、うざいメールが届いて困ったことってありませんか?

女の子の場合、終わった恋愛には未練がないことがほとんどですけど、男性ってそうじゃない人が多いみたいですね。

付き合っているときと同じような雰囲気でメールが来たりすると、「こいつ、何考えてるの?」と思ってしまいます。

うざいくらいで済んでいればいいんですけど、あんまりしつこいようだったら、さすがに放っておくわけにもいきません。

そこで今回は、元彼からのうざいメールを撃退する方法をお話していきます。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク


ポイントは2つ


元彼に、うざいメールをやめさせるポイントは、次の2つです。

  1. メールを送られてても困ることをハッキリ伝える
  2. 元彼を怒らせない

1つ目の『メールを送られてても困ることをハッキリ伝える』というのは当然のことですね。

中途半端な対応をしていると、「まだ脈があるのかも」なんて勘違いをさせてしまいますから、キッパリした態度をとることが必要です。

そして2つ目の『元彼を怒らせない』ということも大切。

キッパリした態度をとるのですが、元彼を怒らせるような言い方をしてしまうと、逆上して嫌がらせをしてきたり、ひどい場合にはストーカーになることも考えられます。

ですから、あまり過激な言い方はしないように注意しておきましょうね。

もちろん「うざい」なんて言っちゃダメですよ。

元彼からうざいメールが届く!そんなときの撃退法

基本的には無視するのが一番


元彼からメールが来ても、絶対に返信しないようにしましょう。

とにかく無視するのが基本です。

元彼が普通の神経の持ち主なら、どんなにメールを送っても返事が来ないというだけで「もうダメなんだな」ということがわかるはずです。

そのためには、完全無視を貫いてください。

気まぐれで返信したりすると勘違いさせますから、絶対にやめておきましょう。

しつこい場合は言葉で伝える


完全無視をしていても、まだメールが来るようなら「もうメールしないでほしい」ということを言葉で伝えましょう。

ただし、あまり元彼の感情を逆なでするような言い方はしないようにしてくださいね。

メールで伝えるなら文字数は少なめで、要件だけを淡々と伝えましょう。

もし電話で話す必要があるのなら、できるだけ感情を抑えて、やはり淡々と伝えることが大切です。

努めて他人行儀な言葉遣いで話すようにすると効果的ですよ。

「もう、あなたと付き合っていたときの私はいないんです」ということを、雰囲気でわからせてあげてください。

スポンサーリンク


それでもダメなら彼氏がいると言う


まだ元彼がしつこくメールしてくるなら、「新しい彼氏がいます」と言いましょう。

本当に彼氏ができていたら、そのまま伝えればいいですし、まだいなかったとしても、いるふりをしてください。

さすがに、それなら元彼もあきらめるでしょう。

そして、「あなたからのメール、新しい彼氏にも見せています」と伝えれば、かなり効果的なはずです。

もし、新しい彼氏がいるふりをする自信がないのなら、友達にメールを見せて、そのことを元彼に伝えてもいいですね。

第三者に見られているとなったら、元彼も絶対にメールを送りにくくなります。

最終的には、この方法を試してみてください。

終わりに


元彼がうざいメールを送ってきて困っている人のために、効果的な撃退法をお話してきました。

「メールを送らないでほしい」ということはハッキリ伝えないといけませんが、元彼の感情を逆なでするのは良くありませんので、そこだけは気をつけておいてください。

ですから、どんなにうざいと思っていても、いきなり誰かにメールを見せたりするのは、あまり得策ではありません。

急にそんなことをされると、元彼からの逆恨みを買うかもしれないので、あくまでも段階を踏んで行くことを忘れないようにしましょう。

キッパリした態度をとることは大切ですが、あんまりひどい仕打ちはしないようにすることが大切です。

スポンサーリンク