学校の部活で、先輩とどんな風に接したらいいのかわからず、困っているという人は多いのではないでしょうか?

タメ口で話しかけたら怒られそうだし、敬語を使おうと思っても慣れていないからどうすればいいのかわからないし、そんなことを考えていたら先輩と話せなくなってしまうこともあるでしょう。

ちなみに、私はアラフォーのおじさんですが、私が学生だった頃は、後輩が先輩にタメ口で話しかけるなんてことは考えられませんでした。

まぁ、運動部だったので縦の関係には特に厳しかったということもありますが、先輩に話しかけるときは敬語が当たり前だと思っていたものです。

その頃に比べると、今はあまり先輩・後輩の関係が厳しくないところも多いのかもしれませんが、最低限の礼儀は必要だと思いますよ。

そこで、今現役の学生さんたちのために、先輩に接するときの、アラフォーのおじさん的アドバイスをお話していきます。

きっと役立つことも多いと思うので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク


先輩とは、一歩先を進んでいる人のこと


先輩と後輩の関係性をどのように考えるのかは、個人差もありますし自由かもしれません。

それに最近は、先輩・後輩という縦の関係をうるさく言うと、堅苦しいと嫌われる傾向もあるようですね。

でも私としては、やっぱり先輩・後輩の関係はキチンとしておくことが大切だと思うんです。

つまり、『先輩とは、一歩先を進んでいる人』だという敬意を持つことが必要だということですね。

そして、敬意を持っている相手に対してタメ口で話すというのは、やはりおかしいことでしょう。

先輩にタメ口って許される?部活の後輩が注意するポイント

タメ口で話すということは・・・


基本的に、タメ口で話すということは、相手と完全に対等か、自分のほうが上だと思っているということになります。

わかりやすく言うと、同学年か、自分よりも後輩と話すときに使うのがタメ口なんですね。

ということは、先輩にタメ口で話すということは、その先輩のことを同等か、自分よりも下に見ているということになります。

つまり、先輩のことをバカにしているという風に受け取られても仕方ありません。

「別にバカにしてるんじゃなくて、親しみを感じているからタメ口で話しているだけなんです」と言いたいかもしれませんが、問題は先輩がどう感じるかということです。

もし先輩があなたのタメ口を聞いて、「こいつ、オレのことをバカにしてる」と感じてしまったら、あなたに悪気がなかったとしても、先輩にとってあなたは悪者に見えてしまいます。

そんな誤解を生まないようにするには、キチンと敬語を使えるようにしたほうがいいんですね。



大切なのは相手の立場で考えること


“先輩がどう感じるかが大切”というと、先輩の顔色をうかがって子分のようにならないといけないと思うかもしれませんが、決してそういう話ではありません。

顔色をうかがうのではなく、先輩の立場で考えることが大切なんです。

実は今、世の中に相手の立場でものを考えられる人が少なくなっているんですよ。

それは、あなたたち学生だけでなく、いわゆる大人も同じなんですね。

「私は先輩をバカにしてるんじゃなくて、親しみを感じているからタメ口で話しているんです」と言うのは、自分の主張なんです。

どんなに自分の都合で主張をしても、相手がそうと受け取ってくれなければ、トラブルが起きるのは避けられません。

でも、「こんな話し方をしたら先輩はどう感じるかな?」と先輩の立場で考えることができれば、余分なトラブルが起きることはないんですね。

そして、相手の立場で考えるということが習慣になっていれば、社会に出てからもとても役立ちます。

そのための練習を、今のうちからやっておくつもりで、先輩に接してみてください。

スポンサーリンク


まずは丁寧語を使い慣れる


これまで敬語を使う機会がなかったのに、急に話し方を変えようと思っても照れくさかったり、どう話せばいいのかわからなかったりで困るかもしれません。

そこで、まずは丁寧語で話すことに慣れていきましょう。

丁寧語と言うのは、「~です」「~ます」という話し方ですね。

これを使い慣れるだけでも、ずいぶん話し方の印象は変わるものですよ。

例えば、部活の練習が始まるときに、「先輩、よろしく」というのと、「先輩、よろしくお願いします」というのとでは、全然違ってきますね。

何かしてもらったときに、ただ「ありがとう」というのと、「ありがとうございます」というのとでも、印象はまるで違います。

これは言われた側、つまり先輩の方でも印象が違いますが、言っている側、つまりあなたの方でも言ったときの気持ちが変わってくるはずです。

丁寧な話し方をすることで、自然に先輩に対する敬意ができてくるんですね。

そういう気持ちができてくると、だんだん敬語を使うことにも抵抗がなくなってくるものです。

そのための第一歩が丁寧語を使うことです。

まずは、今までよりも少しだけ丁寧な話し方をするように心がけてください。

すると先輩に対する敬意が自然に持てるようになり、気がついたときには当然のように敬語で話すようになっているはずですよ。

終わりに


今、現役の学生さんで、部活の先輩にどう話せばいいのかわからなくて困っているという人のために、私の考えをお話してきましたが、いかがでしたか?

基本的に、先輩にはタメ口ではなく、きちんと敬語を使えるようにしましょう。

タメ口で話すというのは、先輩を自分と同じか、それ以下に見ているということになります。

つまり、先輩をバカにしてると思われても仕方ないということですね。

先輩というのは、一歩先を進んでいる人なのですから、敬意を持つということは大切です。

そして、

  • 相手の立場で考えること
  • 丁寧語を使い慣れる

ということから始めていくようにしましょう。

自分の都合や主張だけで考えるのではなく、相手がどう感じるのかを想像できるようになれば、自然と話し方も変わってくるはずです。

また、いきなり敬語を使うのは難しいでしょうから、まずは今までよりも丁寧に話すことを意識してみてください。

それで少しずつ、先輩への接し方が良くなってきますよ。

今、学生のうちから先輩に丁寧に接することができるようになっておくと、社会に出てからも大変役立ちますから、そのための練習だと思って慣れていくようにしましょう。





スポンサーリンク