「妊娠してから、つわりもヒドいし、胃もムカムカするのよね」

と、お悩みの妊婦さんも多いですよね。

もちろん、赤ちゃんができたという喜びは大きいでしょうが、つわりや胃のムカムカは辛いですよね。

それに妊娠中は、薬をのむのにも注意しないといけませんから、気持ち悪い状態がなかなか治まらず困っている方も多いのではないでしょうか?

赤ちゃんを宿し、お腹の中で育てるなんて、我々男性には絶対できないことですが、せめて辛い症状を少なくするお手伝いくらいはしたいものです。

そこで今回は、つわりで胃がムカムカする妊婦さんのために、少しでも楽になれるような方法を調べてみました。

きっと役立つものもあると思いますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク


つわりで胃がムカムカするときの対処法


妊娠するということは、自分以外の命が身体の中にもう1つ宿るということですから、体調も大きく変化すると思います。

つわりは、その中でも代表的なものですが、胃にも影響は表れやすいようですね。

何か食べれば胃がムカムカしてしまうでしょうが、だからといって何も食べないわけにもいきません。

となると、『何を食べるか?』そして『どう食べるか?』ということがポイントになってきますね。

ということで、まずは食事で気をつけることについて、詳しく見ていきましょう。

つわりで胃がムカムカする~ちょっとでも楽になれるように

量は少なく、回数は多く


胃がムカムカするということは、簡単に言うと、食べたものを消化するのが追いついていないということです。

ですから、1回に食べる量は、なるべく少ないほうが良いんですね。

でも、それではお腹が空いてしまうでしょうし、それに赤ちゃんのためにも栄養はしっかりと摂らないといけません。

そのため、回数を多くするようにしましょう。

これだけでも、ある程度は胃のムカムカを解消できるはずですよ。

回数を多くと言っても、その都度、食事の用意をするのは大変でしょうから、ある程度の量をまとめて作っておいて、それを小分けに食べるなどの工夫をすると良いですね。



脂っこいものは控える


普通の状態でも、脂っこいものを食べ過ぎれば胃はムカムカしてしまいますよね。

それが妊娠中となれば、なおさらです。

つわりがひどいときには食欲も落ちて、脂っこいものを見ただけで気持ち悪くなることもあるかもしれません。

逆に、食欲もあり脂っこいものも食べたくなるようなときでも、調子に乗って食べ過ぎると、後で大変な思いをしますから、くれぐれも気をつけておいてくださいね。

お肉などは、なるべく脂身の少ない赤身のものを選び、調理法も煮物や蒸し料理など油を使わない方法を選ぶようにしましょう。

胃に優しいものを食べる


消化を助ける食材を積極的に摂るようにすることも大切ですね。

胃に優しい食べ物として、特に有名なのは、

  • 大根
  • キャベツ
  • 山芋
  • リンゴ

などですね。

どれも、消化を助けたり、胃の活動を促進したりする効果がありますし、割とアッサリしたものばかりですから、食欲が落ちているときにも食べやすいでしょう。

それぞれを別々に食べてもOKですが、サラダなどにして一緒にいただくのも良いですね。

楽しみながら食べられるように工夫してみてください。

よく噛んで食べる


消化を助けるためには、よく噛んで食べることが大切です。

特に現代人は、あまり噛まずに食べる傾向が強いですので気をつけておきましょうね。

よく噛んでいないと食べ物が大きいまま胃に運ばれていきますから、当然消化するのも大変になります。

また、噛む回数が少ないと唾液も出にくくなるため、これもまた消化しづらい状況を作ってしまいます。

ですから、できるだけしっかりと噛む習慣をつけるようにしてください。

唾液をしっかり出すためには、食後にガムを噛むというのも良い方法ですよ。

慣れるまでは、じれったいかもしれませんが、これで胃のムカムカが楽になっていきますから、ぜひ続けてみてくださいね。

水の飲み過ぎに注意


水分を取ることは大切なのですが、食事中に水を飲み過ぎると消化液が薄まってしまうという問題があります。

すると、それだけで胃に負担がかかってしまいムカムカしやすくなるんですね。

もちろん、まったく水を飲んではいけないということではありませんが、量には気をつけておきましょう。

たまに、水で流しこむように食べている人を見かけることもありますが、当然これはいけませんね。

しっかり噛んで食べるようにしていれば、水分はそんなに必要ないはずです。

ですから、水分を摂るのは食事中ではなく、それ以外のときにしておくほうが良さそうですね。

なお、ここでは水と言っていますが、お茶やジュースなども同じ水分ですから、食事中はなるべく控えるようにしておきましょう。

便秘には、より一層の注意を


女性は便秘がちな人が多いですが、妊娠すると、それがひどくなるケースもあるようです。

便秘も、胃がムカムカする原因になりやすいですから、できるだけ気をつけておきましょう。

具体的には、繊維質の多いものを積極的に食べることが大事ですね。

そのためにも、さきほどの大根やキャベツ、山芋、リンゴなどを使ったサラダをよく食べるといいですよ。

また、便秘解消のためには適度な運動も効果的ですから、あまり身体の負担にならないような軽いウォーキングなどを取り入れるのもいいですね。

食事以外で気をつけることは


これまで、主に食事に関することを取り上げてきましたが、つわりで胃がムカムカするときの対処法はそれ以外にもあります。

特に意識しておいてほしいことを順にお話していきますね。

よく眠る


言うまでもなく睡眠は大切ですね。

寝不足になると、自律神経のバランスも崩れやすいですから、できるだけぐっすり眠れるように工夫しましょう。

なるべく早い時間から横になるようにしたり、落ち着くBGMを流したりするのもいいですね。

アロマなどで好きな香りを楽しむのもいいと思いますよ。

できるだけ家の中をリラックスできる空間にしてみてください。

スポンサーリンク


旦那さんや家族に助けてもらう


妊娠中は、大変なことがたくさんありますから、一人で何もかもこなそうとするのは無理です。

ですから、旦那さんや家族の助けは積極的に借りてください。

つわりで胃がムカムカしているときなどは、それだけで気分も重くなってしまいますから、正直に伝えて休ませてもらいましょう。

大事なのは元気な赤ちゃんを生むことですから、そのためには周囲に甘えることも覚えてくださいね。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

胃と腸 2016年 08月号 [雑誌]
価格:3456円(税込、送料無料) (2016/8/26時点)



終わりに


つわりで胃がムカムカするという妊婦さんのために、ちょっとでも楽になれる方法をご紹介してきました。

もう一度、ポイントをまとめておきますね。

  • 食事の量は少なく、回数は多く
  • 脂っこいものは控える
  • 胃に優しいものを食べる
  • よく噛んで食べる
  • 水の飲み過ぎに注意
  • 便秘には、より一層注意する
  • よく眠る
  • 旦那さんや家族に助けてもらう

ということでしたね。

直接的には、食事の仕方が大きく影響しますから、『何を食べるか?』『どう食べるか?』ということを意識してください。

さらに、よく眠ることや旦那さんや家族に助けてもらうも大切ですので、無理をせず、赤ちゃんのためにも大事を取ってくださいね。





スポンサーリンク