「特に病気ってわけじゃないんだけど、最近、胃のムカムカすることが多いな」なんて思うこと、ありませんか?

30代を超えてくると、少しずつ脂っこいものが消化しにくくなっていきますし、胃はストレスなどの影響も受けやすい場所です。

胃の調子が悪いと食事もおいしくなくなりますし、元気も出にくくなりますから、なんとか手軽に解消する方法を知っておきたいですよね。

そこで注目されているのが“ツボ”

ツボを押せば胃が楽になるというのですから、これはかなり手軽ですよね。

「ちょっと胃の調子が悪いな・・・」と感じたときに、サッとツボを押して治すことができれば、こんなに便利なことはありません。

そこで今回は、胃のムカムカによく効くツボをご紹介していきます。

できるだけ手軽に試せるよう、手のツボを中心に紹介していきますので、記事を読みながら押してみてくださいね。

スポンサーリンク


胃のムカムカに効く手のツボ


では早速、胃のムカムカに効く手のツボを紹介していきましょう。

胃腸点(いちょうてん)


まずは『胃腸点』と呼ばれるツボです。

これは、手のひらの中央より少し下で、やや親指よりにあるツボですね。

その名の通り、胃や腸の状態を整えるのに効果的だとされています。

胃のムカムカだけでなく胸焼けにも効果的で、さらには食欲を抑える効果もあるといいますから、ついつい食べ過ぎてしまう人は、ここをよく押しておくといいですね。

押し方としては、反対の手の親指で、やや強く刺激することがポイントです。

強く押すことで、大きな効果が期待できますよ。

胃腸点

大腸(だいちょう)


続いては『大腸』です。

これも名前が示しているとおり、腸を強くしてくれます。

場所は、人差し指の第一関節のシワの辺りですから、見つけやすいですね。

大腸
胃腸炎の予防にも効果があると言われていますから、普段から食べ過ぎ・飲み過ぎなどで胃に負担をかけている人は、よく押しておきましょう。

かなり楽になってくると思いますよ。



商陽(しょうよう)


次は『商陽』というツボで、これも胃や腸の働きを高めてくれます。

食べ物を効率よく消化吸収できるように助けてくれますので、胃のムカムカが治まりやすいでしょう。

場所は、人差し指の爪の生え際で、親指側になります。

他に、集中力アップにも効果があるとされていますし、疲労回復やストレスの軽減にも良いようです。

押してみると気持ちいいツボですし、人前でもあまり目立ちませんから、ちょっと時間が空いたときに軽く刺激してあげると良いですね。

商陽

合谷(ごうこく)


次の『合谷』は、万能のツボと呼ばれているものです。

胃を整えるのはもちろんですが、便秘や下痢などにも効きますし、ホルモンバランスを整える働きもしますので、女性の生理痛やむくみにも効果が期待できます。

さらには、歯痛や高血圧、頭痛、蓄膿症、花粉症、肩こりなどなど、様々な効果があるとされていますので、まさに万能ですね。

場所は、手の甲の親指と人差し指の間となります。

胃のムカムカに限らず、ここを押しておけば体調が良くなると言ってもいいほどですから、折にふれて刺激するといいですね。

基本的には、親指と人差し指で挟み込むようにして刺激すると良いでしょう。

ただ、あまり強く押しすぎても良くありませんから、イタ気持ち良いくらいの力加減を意識しておいてください。

合谷

健理三針区(けんりさんしんく)


続いて『健理三針区』というツボです。

これは、手のひらの中央より、やや手首よりの部分ですね。

さっきの胃腸点と近いですが、もう少し手の中央よりになります。

健理三針区
胃腸に効くのはもちろんですが、肝臓の働きを活性化するという働きもあるので、アルコールの分解を促し二日酔いの解消などにも効果が期待できます。

また、ストレスにも効果があると言われていますので、ちょっと気持ちが疲れてきたときなどにも押してみると良いでしょう。

スポンサーリンク


胃のムカムカに効く背中のツボ


では、続いて胃のムカムカに効く背中のツボもご紹介します。

手のツボほど手軽ではありませんが、イスを使って刺激できますので、仕事の合間などに行うこともできると思います。

実際に刺激するのは、『膈兪(かくゆ)』『肝兪(かんゆ)』『脾兪(ひゆ)』という3つのツボで、これらは背骨のすぐ横にあります。

文章だけではわかりにくいと思いますので、詳しく解説している動画もご紹介しておきます。

ちょっと冗談も多い動画ですが、効果はありますので参考にしてみてください。



おまけとして、『中かん』というツボや、ストレッチの方法も紹介してくれていましたね。

あまり場所も取らず、比較的やりやすいものだと思いますので、胃のムカムカがひどいときには、ぜひ試してみてください。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

胃と腸 2016年 08月号 [雑誌]
価格:3456円(税込、送料無料) (2016/8/26時点)



終わりに


胃のムカムカに効くツボをご紹介してきました。

手軽にできるものということで、主に手のツボを中心に取り上げてきましたが、いかがでしたか?

ここでもう一度、ツボの名前をまとめておきましょう。

  • 胃腸点(いちょうてん)
  • 大腸(だいちょう)
  • 商陽(しょうよう)
  • 合谷(ごうこく)
  • 健理三針区(けんりさんしんく)

以上でしたね。

どれも場所さえ覚えておけば、いつでも押すことができます。

さらに、背中のツボを刺激する動画もご紹介しました。

こちらも、比較的やりやすいと思いますから、仕事の合間の気分転換のような感じで試してみてください。

続けていると、いつの間にか胃が楽になっていると思いますよ。




スポンサーリンク